Twitterはこちら仕事依頼はこちら

HTMLとCSSでタイムラインデザイン!WordPressでショートコードも!

コピペで簡単!タイムライン HTML、CSSでオリジナルTLを作る

SANGO風のタイムラインを別のWordPressテーマでも使いたいと依頼があったのでHTMLとCSSで実装する方法を書いていきます!

そこで今回カスタマイズしたのがこちらです。

  • STEP1
    タイトル1
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP2
    タイトル2
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP3
    タイトル3
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP4
    タイトル4
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP5
    タイトル5
    ここにテキストここにテキストここにテキスト

WordPressではショートコードを使って簡単に呼び出せるようになっています。

ただこれではSANGOのパクりでしかないのでデザインアレンジをいくつか増やしました。

このカスタマイズは下記サイト様を参考に作成しております。

動作確認済みのWordPressテーマは以下の通りです。その他のテーマでも確認できていませんが利用可能かと思います。

動作確認済み
  • JIN
  • Cocoon
  • SANGO

function.phpを編集するのでカスタマイズする前に必ずバックアップを取ってから行ってください。

編集前のfunction.phpを用意しといて、いつでもアップできる状態にしておけばOKです。

修正情報

2019/08/14:CSS追記(39行目あたり)
JINでボックスを使うと線が入ってしまう問題修正

スポンサーリンク

タイムラインカスタマイズ手順

手順は以下の通りです。

手順

  • STEP1
    CSSコピペ
    style.cssにコードをコピペします。
  • STEP2
    PHPコピペ
    function.phpにコードをコピペします。

これだけです!簡単!

STEP1:CSSをコピペする

下記コードをコピペしてください。

メモ

「外観→テーマエディター→style.css(子テーマ)」。もしくは、「外観→カスタマイズ→追加CSS」に貼り付けてください。

/*********************************
* タイムライン
*********************************/
.ptimeline-wrap{
    margin:0 auto 2rem;
}
.ptimeline-wrap .ptimeline{
    padding:0 !important;
    list-style:none;
}
.ptimeline-wrap .ptimeline-label {
    padding: 3px 0 0 2px;
    color: #aaa;
    font-size: 12px;
    font-weight: 500;
}
.ptimeline-wrap .ptimeline-title {
    font-size: 1.1em;
    font-weight: bold;
    line-height: 1.5;
    color:#00bfff;
}
.ptimeline-wrap .ptimeline-main {
    margin-top: 0.5em;
    padding: 0 0 1.5em;
    font-size: 0.9em;
    line-height: 1.8;
    border-bottom: dashed 1px #ddd;
    color:#555;
}
.ptimeline-wrap .ptimeline-main img{
  display:block;
  margin:1em auto;
}
.ptimeline-wrap .ptimeline-item {
    position: relative;
    padding: 0 0 1em 1.5em !important;
    margin-bottom:0 !important;
    border:none;
}
.ptimeline-wrap .ptimeline .ptimeline-item:before {
    content: "";
    width: 3px;
    background: #eee !important;
    display: block;
    position: absolute;
    top: 25px;
    bottom: -3px;
    left: 5px;
}
.ptimeline-wrap .ptimeline-item:last-child:before{
    content:none;
}
/*********************************
* タイムライン マーカー
*********************************/
.ptimeline-wrap .ptimeline-marker{
    display: block;
    position: absolute;
    content: "";
    top: 6px;
    left: 0;
    width: 14px;
    height: 14px;
    border-radius: 50%;
    border: solid 3px #00bfff;
}
.ptimeline-wrap .ptimeline-item:first-child .ptimeline-marker,.ptimeline-wrap .ptimeline-item:last-child .ptimeline-marker{
    background:#00bfff;
}
/*四角 */
.ptimeline-wrap .square .ptimeline-marker{
    border-radius: 0;
}
/* アイコン*/
.ptimeline-wrap .icon .ptimeline-item .ptimeline-marker{
    content:unset;
    border:none !important;
    background:none !important;
}
.ptimeline-wrap .icon .ptimeline-item .ptimeline-marker:before{
    font-family: "Font Awesome 5 Free";
    top: -1px;
    left: 0;
    position:absolute;
    font-weight:bold;
    font-size:16px;
    line-height:1;
    color:#00bfff;
}
.ptimeline-wrap .icon .ptimeline-item:first-child .ptimeline-marker,.ptimeline-wrap .icon .ptimeline-item:last-child .ptimeline-marker{
    background:none !important;
}
/* 画像*/
.ptimeline-wrap .tl-img .ptimeline-item .ptimeline-marker{
    content:unset;
    border:none !important;
    background:none !important;
}
.ptimeline-wrap .tl-img .ptimeline-item .ptimeline-marker:before {
    content:"";
    display:inline-block;
    background-image:url(ここに画像URL); /* 画像1番目*/
    background-size:contain;
    background-repeat:no-repeat;
    width:40px;
    height:40px;
    position: relative;
    top: -4px;
    left: -2px;
}
.ptimeline-wrap .tl-img li:nth-of-type(2) > .ptimeline-marker:before{
    background-image:url(ここに画像URL) !important; /* 画像2番目*/
}
.ptimeline-wrap .tl-img li:nth-of-type(3) > .ptimeline-marker:before{
    background-image:url(ここに画像URL) !important; /* 画像3番目*/
}
.ptimeline-wrap .tl-img li:nth-of-type(4) > .ptimeline-marker:before{
    background-image:url(ここに画像URL) !important; /* 画像4番目*/
}
.ptimeline-wrap .tl-img li:nth-of-type(5) > .ptimeline-marker:before{
    background-image:url(ここに画像URL) !important; /* 画像5番目*/
}
.ptimeline-wrap .tl-img .ptimeline-item {
    padding: 0 0 1em 3em !important;
}
.ptimeline-wrap .tl-img .ptimeline-item:before {
    top: 30px;
    left: 15px;
}
/*********************************
* タイムライン カラー
*********************************/
/* ピンク */
.ptimeline-wrap .pink .ptimeline-title{
    color:#f7bcbc !important; /* タイトル色 */
}
.ptimeline-wrap .pink .ptimeline-main{
    color:#555 !important; /* コンテンツ色 */
}
.ptimeline-wrap .pink .ptimeline-marker{
    border: solid 3px #f7bcbc !important; /* マーカー色 */
    color:#f7bcbc; /* アイコン色 */
}
.ptimeline-wrap .pink .ptimeline-item:first-child .ptimeline-marker,.ptimeline-wrap .pink .ptimeline-item:last-child .ptimeline-marker{
    background:#f7bcbc; /* マーカー色(最初と最後)*/
}
.ptimeline-wrap .pink .ptimeline-item .ptimeline-marker:before{
    color:#f7bcbc !important; /* アイコン色 */
}
/*イエロー*/
.ptimeline-wrap .yellow .ptimeline-title{
    color:#fdc44f !important; /* タイトル色 */
}
.ptimeline-wrap .yellow .ptimeline-main{
    color:#555 !important; /* コンテンツ色 */
}
.ptimeline-wrap .yellow .ptimeline-marker{
    border: solid 3px #fdc44f !important; /* マーカー色 */
    color:#fdc44f; /* アイコン色 */
}
.ptimeline-wrap .yellow .ptimeline-item:first-child .ptimeline-marker,.ptimeline-wrap .yellow .ptimeline-item:last-child .ptimeline-marker{
    background:#fdc44f; /* マーカー色(最初と最後)*/
}
.ptimeline-wrap .yellow .ptimeline-item .ptimeline-marker:before{
    color:#fdc44f !important; /* アイコン色 */
}
/*グリーン*/
.ptimeline-wrap .green .ptimeline-title{
    color:#2fcdb4 !important; /* タイトル色 */
}
.ptimeline-wrap .green .ptimeline-main{
    color:#555 !important; /* コンテンツ色 */
}
.ptimeline-wrap .green .ptimeline-marker{
    border: solid 3px #2fcdb4 !important; /* マーカー色 */
    color:#2fcdb4; /* アイコン色 */
}
.ptimeline-wrap .green .ptimeline-item:first-child .ptimeline-marker,.ptimeline-wrap .green .ptimeline-item:last-child .ptimeline-marker{
    background:#2fcdb4; /* マーカー色(最初と最後)*/
}
.ptimeline-wrap .green .ptimeline-item .ptimeline-marker:before{
    color:#2fcdb4 !important; /* アイコン色 */
}

長い!半分以上はアレンジ用のコードです。

STEP2:function.phpにコピペする

WordPress利用者限定でショートコードを作成するコードです。

大事なことなのでもう一度、必ずバックアップを取ってから行ってください。

参考 WordPressでバックアップを取る4つの方法(初心者向け)

下記コードをfunction.php(子テーマ)にコピペしてください。

//timelineショートコードコンテンツ内に余計な改行や文字列が入らないように除外
if ( !function_exists( 'remove_wrap_shortcode_wpautop' ) ):
function remove_wrap_shortcode_wpautop($shortcode, $content){
  //tiショートコードのみを抽出
  $pattern = '/\['.$shortcode.'.*?\].*?\[\/'.$shortcode.'\]/is';
  if (preg_match_all($pattern, $content, $m)) {
    $all = null;
    foreach ($m[0] as $code) {
      $all .= $code;
    }
    return $all;
  }
}
endif;

//タイムラインショートコード
add_shortcode('ptimeline', 'tl_shortcode');
if ( !function_exists( 'tl_shortcode' ) ):
function tl_shortcode( $atts, $content = null ){
extract( shortcode_atts( array(
    'color' => null,
    'marker' => null,
    'icon' => null,
  ), $atts ) );
  $content = remove_wrap_shortcode_wpautop('ti', $content);
  $content = do_shortcode( shortcode_unautop( $content ) );
  if ( $icon ):
   $tag .= '<style type="text/css">.ptimeline-wrap .'.$icon.' .ptimeline-item .ptimeline-marker:before{ content:"\\'.$icon.'";}</style>';
  endif;
  $tag .= '<div class="ptimeline-wrap">'.
            '<ul class="ptimeline '.$color.' '.$marker.' '.$icon.'">'.
              $content.
            '</ul>'.
          '</div>';
  return apply_filters('timeline_tag', $tag);
}
endif;
 
//タイムラインショートコード中身
add_shortcode('ti', 'tl_item_shortcode');
if ( !function_exists( 'tl_item_shortcode' ) ):
function tl_item_shortcode( $atts, $content = null ){
  extract( shortcode_atts( array(
    'title' => null,
    'label' => null,
    'icon_item' => null,
  ), $atts ) );
  $content = do_shortcode( shortcode_unautop( $content ) );
  if ($icon_item):
   $tag .= '<style type="text/css">.ptimeline-wrap .ptimeline-item .'.$icon_item.':before{ content:"\\'.$icon_item.'" !important;}</style>';
  endif;
  $tag .= '<li class="ptimeline-item">'.
            '<div class="ptimeline-label">'.$label.'</div>'.
             '<div class="ptimeline-title">'.$title.'</div>'.
             '<div class="ptimeline-main">'.$content.'</div>'.
            '<div class="ptimeline-marker '.$icon_item.'"></div>'.
          '</li>';
  return apply_filters('timeline_item_tag', $tag);
}
endif;

これで準備完了です!あとは使い方を見ていきましょう。

タイムラインデザインアレンジと使い方

いくつかアレンジできるようにデザインパターンを用意しました。

デザイン1:デフォルト(何も変更しない)

  • STEP1
    タイトル1
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP2
    タイトル2
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP3
    タイトル3
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP4
    タイトル4
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP5
    タイトル5
    ここにテキストここにテキストここにテキスト

ショートコード

[ptimeline]
[ti label="STEP1" title="タイトル1"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP2" title="タイトル2"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP3" title="タイトル3"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP4" title="タイトル4"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP5" title="タイトル5"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[/ptimeline]

デザイン2:ピンク

  • STEP1
    タイトル1
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP2
    タイトル2
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP3
    タイトル3
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP4
    タイトル4
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP5
    タイトル5
    ここにテキストここにテキストここにテキスト

ショートコード

[ptimeline color="pink"]
[ti label="STEP1" title="タイトル1"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP2" title="タイトル2"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP3" title="タイトル3"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP4" title="タイトル4"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP5" title="タイトル5"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[/ptimeline]

color=”pink”を入れるとピンクになります。

デザイン3:イエロー

  • STEP1
    タイトル1
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP2
    タイトル2
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP3
    タイトル3
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP4
    タイトル4
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP5
    タイトル5
    ここにテキストここにテキストここにテキスト

ショートコード

[ptimeline color="yellow"]
[ti label="STEP1" title="タイトル1"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP2" title="タイトル2"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP3" title="タイトル3"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP4" title="タイトル4"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP5" title="タイトル5"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[/ptimeline]

color=”yellow”を入れるとイエローになります。

デザイン4:グリーン

  • STEP1
    タイトル1
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP2
    タイトル2
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP3
    タイトル3
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP4
    タイトル4
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP5
    タイトル5
    ここにテキストここにテキストここにテキスト

ショートコード

[ptimeline color="green"]
[ti label="STEP1" title="タイトル1"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP2" title="タイトル2"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP3" title="タイトル3"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP4" title="タイトル4"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP5" title="タイトル5"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[/ptimeline]

color=”green”を入れるとグリーンになります。

デザイン5:四角

  • STEP1
    タイトル1
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP2
    タイトル2
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP3
    タイトル3
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP4
    タイトル4
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP5
    タイトル5
    ここにテキストここにテキストここにテキスト

ショートコード

[ptimeline marker="square"]
[ti label="STEP1" title="タイトル1"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP2" title="タイトル2"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP3" title="タイトル3"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP4" title="タイトル4"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP5" title="タイトル5"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[/ptimeline]

marker=”square”を入れるとマークが四角になります。

デザイン6:アイコン

  • STEP1
    タイトル1
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP2
    タイトル2
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP3
    タイトル3
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP4
    タイトル4
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP5
    タイトル5
    ここにテキストここにテキストここにテキスト

ショートコード

[ptimeline marker="icon" icon="f1b0"]
[ti label="STEP1" title="タイトル1"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP2" title="タイトル2"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP3" title="タイトル3"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP4" title="タイトル4"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP5" title="タイトル5"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[/ptimeline]

marker=”icon”を入れ、icon=””にFontAwesomeのコードを入れるとアイコンに変わります。

ですのでFontAwesomeを導入していないと利用はできません。

公式 Font Awesomeの使い方

Cocoon、SANGO、JINなど有名なWordPressテーマには標準装備されているので導入する必要はありません。

使えるアイコンはFontAwesomeのバージョン5のFREEのものだけ使えます。

公式 Font Awesome

fontawesome5コード調べ方

ショートコードでは/(スラッシュ)は入れずにicon=”f1b0″のように入れてください。

○ FontAwesome5に対応していない場合

CocoonなどFontAwesome5に対応していない場合はCSSを変更する必要があります。

Before

.ptimeline-wrap .icon .ptimeline-item .ptimeline-marker:before{
    font-family: "Font Awesome 5 Free";

After

.ptimeline-wrap .icon .ptimeline-item .ptimeline-marker:before{
    font-family: "FontAwesome";

アイコンのコードは下記ページから調べてください。

公式 Font Awesome(v4.7.0)

○ JINのオリジナルアイコンを使う場合

JINのオリジナルアイコンを使う場合もCSSを変更する必要があります。

Before

.ptimeline-wrap .icon .ptimeline-item .ptimeline-marker:before{
    font-family: "Font Awesome 5 Free";

After

.ptimeline-wrap .icon .ptimeline-item .ptimeline-marker:before{
    font-family: "jin-icons";

アイコンのコードは下記ページから調べてください。

公式 JINのオリジナルアイコンリスト

ショートコードでは/(スラッシュ)は入れずにicon=”e917″のように入れてください。

デザイン7:アイコンをそれぞれ変える

  • STEP1
    タイトル1
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP2
    タイトル2
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP3
    タイトル3
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP4
    タイトル4
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP5
    タイトル5
    ここにテキストここにテキストここにテキスト

ショートコード

[ptimeline color="yellow" marker="icon"]
[ti label="STEP1" title="タイトル1" icon_item="f244"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP2" title="タイトル2" icon_item="f243"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP3" title="タイトル3" icon_item="f242"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP4" title="タイトル4" icon_item="f241"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[ti label="STEP5" title="タイトル5" icon_item="f240"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[/ptimeline]

marker=”icon”を入れ、各項目にicon_item=””を入れます。FontAwesomeのコードを入れればOK。

デザイン8:画像をアイコンに

  • STEP1
    タイトル1
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP2
    タイトル2
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP3
    タイトル3
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP4
    タイトル4
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP5
    タイトル5
    ここにテキストここにテキストここにテキスト

ショートコード

[ptimeline color="pink" marker="tl-img"]
   [ti label="STEP1" title="タイトル1"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
   [ti label="STEP2" title="タイトル2"]ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
   [ti label="STEP3" title="タイトル3"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
   [ti label="STEP4" title="タイトル4"]ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
   [ti label="STEP5" title="タイトル5"]ここにテキストここにテキストここにテキスト[/ti]
[/ptimeline]

まずmarker=”tl-img”を入れます。

次にCSSを編集します。

.ptimeline-wrap .tl-img .ptimeline-item .ptimeline-marker:before {
    content:"";
    display:inline-block;
    background-image:url(ここに画像URL); /* 画像1番目*/
    background-size:contain;
    background-repeat:no-repeat;
    width:40px;
    height:40px;
    position: relative;
    top: -4px;
    left: -2px;
}
.ptimeline-wrap .tl-img li:nth-of-type(2) > .ptimeline-marker:before{
    background-image:url(ここに画像URL) !important; /* 画像2番目*/
}
.ptimeline-wrap .tl-img li:nth-of-type(3) > .ptimeline-marker:before{
    background-image:url(ここに画像URL) !important; /* 画像3番目*/
}
.ptimeline-wrap .tl-img li:nth-of-type(4) > .ptimeline-marker:before{
    background-image:url(ここに画像URL) !important; /* 画像4番目*/
}
.ptimeline-wrap .tl-img li:nth-of-type(5) > .ptimeline-marker:before{
    background-image:url(ここに画像URL) !important; /* 画像5番目*/
}

ここに画像URLと書いてあるところに画像のURLを入れます。

画像のURLはメディア画像を選択リンクをコピーで調べられます。

メディアからリンクをコピー

入れるとこんな感じになります。

background-image:url(https://ponhiro.com/wp-content/uploads/2019/08/tl-icon1.png); /* 画像1番目*/

ちなみに数を増やしたい場合は

.ptimeline-wrap .tl-img li:nth-of-type(6) > .ptimeline-marker:before{
    background-image:url(ここに画像URL) !important; /* 画像6番目*/
}
.ptimeline-wrap .tl-img li:nth-of-type(7) > .ptimeline-marker:before{
    background-image:url(ここに画像URL) !important; /* 画像7番目*/
}

のように番号を増やしていけばOK!

いろんな使い方

ボックスの中にタイムラインを入れる

タイムラインはボックスの中にも入れられます。

タイトル
  • STEP1
    タイトル1
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP2
    タイトル2
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP3
    タイトル3
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP4
    タイトル4
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP5
    タイトル5
    ここにテキストここにテキストここにテキスト

ボックスのCSSは下記ページをご覧ください。

参考 コピペで簡単!タイトル入力可のおしゃれなボックスを作る!

【Cocoon】コピペで簡単!タイトル入力可のおしゃれなボックスを作る!
Cocoonカスタマイズです!オリジナルのボックスを作ります!Cocoonにあるボックスはシンプルで使いやすいですが、それよりも見やすくてオシャレなボックスを紹介します!コピペで出来るので簡単かと思います!他にもCocoonカスタマイズしてますのでそちらも良かったらご覧ください!

タイムラインの中にボックスを入れる

逆にタイムラインの中にボックスも入れられます。

  • STEP1
    タイトル1
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP2
    タイトル2
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP3
    タイトル3

    ここにタイトルを入力します

    ここにコンテンツを入力しますここにコンテンツを入力しますここにコンテンツを入力します。

  • STEP4
    タイトル4
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP5
    タイトル5
    ここにテキストここにテキストここにテキスト

タイムラインの中に画像を入れる

もちろん画像も入れられます。

  • STEP1
    タイトル1
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP2
    タイトル2
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP3
    タイトル3
    ここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP4
    タイトル4
    ここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキストここにテキスト
  • STEP5
    タイトル5
    ここにテキストここにテキストここにテキスト

テキストを入力するところにいつも通り画像を挿入すればOK。

よく使うショートコードをAddQuicktagに登録

WordPressで何度も使いたい場合はAddQuicktagにHTMLを登録しておきましょう。

参考 AddQuicktagの使い方と設定方法

AddQuicktagの使い方と設定方法!Gutenbergでの使い方も紹介するよ!
AddQuicktagの使い方と設定方法をわかりやすく説明します!WordPressの必須プラグインと言われているAddQuicktag!設定は簡単で超便利、超時短になります。Gutenbergでの使い方も紹介します!

導入済みのブログ、サイト紹介させてください

「この記事を見て導入したよ!」という方でSNSやブログでこの記事を紹介していただいた場合、こちらでブログを紹介させていただきます!

ご連絡お待ちしております!

他にもカスタマイズやってます!

他にもカスタマイズをやってますので良かったらご覧ください!

参考 ブログカスタマイズまとめ

コピペでできるブログカスタマイズまとめ【HTML&CSS】
ブロガー、アフィリエイターに役立つブログやサイトのカスタマイズをまとめていきます。HTML、CSSがわからなくてもコピペ可!WordPress(Cocoon、JIN、SANGO、Affingerなど)、はてなブログなど一部機能を除けば誰でも利用可能です。

コメント

  1. ぽんひろさん、

    こんにちは!
    ブログでたくさんコードを使わせて頂いております、夏目C4といいます。

    タイムラインはすごく便利でとてもたすかっています!
    ブログは記事内容も大事ですが、見た目も大事だと思っています♪

    今後もどうぞよろしくお願い致します。

    • >夏目C4さん

      こんにちは!

      そう言っていただけると嬉しいです!ありがとうございます!
      こちらこそ今後ともよろしくお願いします。

  2. タイムラインを使ってみたく子テーマの2つのファイルにそれぞれ入れてショートコードを作成したのですが、例えばデフォルトの水色の丸のデザインの部分のみが表示されませんでした。

    あとは全く関係ないのですが、デフォルトのタグの

    [ti label="STEP1" title="タイトル1"]

    のタイトル1のみ全角が気になりましたw

    でもこの記事は大変参考になったのも事実です。ありがとうございます!

    • >購入者さん

      表示されなかったのですね…何だろう…

      全角気づきませんでした!早速修正しました!
      こちらこそありがとうございます!

ページトップへ